澄心自閉症実践セミナー

 社会福祉法人澄心は、法人の理念「このまちで共に生きる」および私たちの信条に基づ き、障害のある方に寄り添った支援を展開してまいりました。
  しかしながら、私たちが取り組もうとしていることは、そう簡単に実現できるものでは ありません。障害特性の複雑さ、未成熟な社会状況、誤解や偏見など、様々な制約が多く、 また私たちも十分な理解やスキルが備わっているとは言えず、意図せず本人のニーズとは すれ違う支援に気付けず、困難な状況に陥ることもあり、悩み苦しむこともあります。常 に待ったなしの現場でありますが、問題を先送りして目先の支援に囚われてしまうと、結 果的に支援の行き詰まりに悩み、利用者ご本人に対し、大きな過ちを犯してしまうことに もなりかねません。
  まるで悲観的な状況のようですが、ではなぜ、私たちはこの職に就き、今もなお支援に 携わっているのでしょうか。それには人には説明できようのない、何か意味深い理由があ るはずです。
  私たちは、人と人が豊かに幸せにつながっていくことを願って、今ここにいるのではな いかと思っています。時にすれ違い、空しい思いをしたとしても、それを打ち消すほどの 喜びと存在意義を感じられる瞬間があるかもしれないことを信じて、今日を生きていると 思います。その瞬間を言語化できれば、または目に見える形にすることで、もしかしたら、 同じような思いを持つ人と分かち合う喜びに出会えるかもしれません。
  この度、開催する澄心自閉症実践セミナーは、支援者にとっても利用者ご本人にとって もお互いを分かち合うためのヒントを授かることのできる有効な研修です。先ほどの瞬間 を共感できるかもしれない可能性をこの研修は秘めています。この地域で開催するにあた ってようやく機を熟したと思っています。
  また、この研修は法人独自では成り得ず、私たちを信じ、支えてくださる講師の方のお 力添えあって実現できるものです。
  講師に、前職が川崎医療福祉大学TEACCH部で、佐々木正美先生と共に国内でTEACCH を広め教え説かれている小林信篤様。企画運営から演習全体取りまとめの統括トレーナー に、今治市で自閉症支援の先駆者として実践を積み重ねており、全国で講演や研究事業に も関わる桑原綾子様という強力な講師陣を迎えることができ、国内見渡しても得難い研修 です。
  この研修を通して、支援者個人のスキルアップのみならず、チームとして尊重し合える 仕事のあり方を知り、連携や協働の風土を培っていけるよう目指して参りたいと思います。 

開催日時:平成28年1月5日-7日 土曜 9:00-17:00
場所:障害福祉サービス事業ぽれぽれウインカル2階
パンフレット:PDFファイル

Copyright (c) 2014-. choushin,All rights reserved.