研修情報

TTAPを活用した就労アセスメント研修のご案内

 今年度より就労経験のない方で一定条件以外の方については、就労継続支援B型事業を利用する前に、就労移行支援事業において就労アセスメントを受けることとなっております。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000084411.pdf

 当市においても順次就労アセスメントの準備を進めているところですが、このアセスメントが手続き上のものだけでなく、また一般就労の是非を問うものでもなく、地域移行を目指す方にとって個々のニーズや課題の抽出ができ、成人期にむけて移行した先で有効な支援計画につながる移行アセスメントとして活かせるものとなれればと思います。また、対象者は進路を目前に控えた方だけではなく、早ければ小学校高学年から有効なプロファイルになり得ます。
  今回の研修は、そうした視点を持った発達障害の方の移行アセスメントについて実践的に学べる内容となっております。どうぞご参加お待ち申し上げております。
(注)TTAP(TEACCH Transition Assessment Profile)は自閉症児者支援で世界的に著名な 米国ノースカロライナ大学TEACCHR自閉症プログラムで開発された学校から成人生活への 移行のためのアセスメントです。

主催:障害者就業・生活支援センター ジョブあしすとUMA
開催日時:平成27年10月30日 金曜 9:30-16:00
場所:中之庄公民館
パンフレット:PDFファイル

Copyright (c) 2014-. choushin,All rights reserved.