澄心〜ちょうしん〜設立の思い

これまで、障がいのある方たちは、歴史を通じて、その存在意義を否定され、蔑まされ、虐げられ、哀れみを受け、同じ時代に生を受けた一市民でありながら、一般社会から隔てられてきました。

そんな時代を嘆き不安に思い、1999年知的障がいを持つ親がわが子を安心して預けることのできる入所施設をと願い、一念発起し、旧伊予三島市で法人を立ち上げました。 その頃は、まだ障がいのある方の多様な生き方や可能性が、地域の中で目に見える実践としてなかった時代。家族がいつか力尽きた時には施設という選択肢しかなかった時代でした。

それから、10年以上が経過し、障がいのある方を取り巻く状況は大きく変化してきました。

「措置制度」という50年来変わらなかった国の行政処分の考え方が、選択、契約を基とした「支援費制度」へ。そして「障害者自立支援法」という、個人が尊厳を持って、その人らしい自立した生活が送れるよう支えるという社会福祉の理念に基づいた自己選択、自己決定、ノーマライゼーションの考えが具現化されていきました。

瞬く間に、福祉サービスが増え、福祉の担い手や関係する人の層が広がり、それとともに障がいの概念や人々の価値観が多様化していきました。

2004年に市町村合併し四国中央市となり、「自己選択、自己決定」を保障できるように、障がい福祉サービスの数も種類も増えていきました。

2000年に入所施設に来られた方も、今では20名ほどの方がケアホーム・グループホームに生活の拠点を移されたり、敷地内で展開していた昼間の活動も、仕事として出勤する風景に変わることで生活のメリハリが生まれたり、逆に長年在宅での生活だけだった方が、昼間に施設を利用することで、家族以外の新たな社会に触れることができたり、施設や福祉サービスの役割も少しずつ変化をしていきました。

しかし、時代や法律、人々の価値観が変われど、障がいのある方にとって一貫して変わらざること、大事にすべきことを私たちは忘れてはいけません。

Copyright (c) 2014-. choushin,All rights reserved.